グリーンスムージーと青汁は何が違う?

クリーンスムージーとは、緑色の野菜とフルーツを混ぜたスムージーのことです。
グリーンスムージーダイエットがあり、ベストな状態の野菜とフルーツを適量で、混ぜ合わせています。
フルーツの甘みがお腹を満足させるので、置き換えダイエットとして、多くの方からとても評判があります。

青汁とは、一般的には「緑黄色野菜をすりつぶしたもの(野菜のしぼり汁)の総称です。
ケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉などいろんな種類があります。
ケールは、アブラナ科の植物で、ビタミンやカロチン、ミネラルを多く含んでいます。

大麦若葉は、大麦の若葉です。
えぐみや苦味も少ないので、飲みやすく、鉄分や食物繊維、酵素を多く含んでいます。
栄養素としては、ビタミンA、ベータカロテン、ビタミンC、葉緑素、カルシウム、食物繊維などが豊富に含まれています。
粉末なので、水に溶かして飲んだり、豆乳に溶かして飲んだりするのがおすすめです。

ヨーグルトにもふりかけても食べてもいいです。
グリーンスムージーと青汁の違いは、グリーンスムージーは、アメリカ発祥で、青汁は、日本発祥です。
歴史は、青汁の方が古いです。
両方とも、体によい健康食品です。

青汁は、緑の葉野菜のみ使っているのに対し、グリースムージーは、フルーツを加えているところが一番大きな違いです。
フルーツは抗酸化作用があり、美容に効果があります。
痩せるだけではなく、お肌にもいいし、体内の汚れや不要物を落とすデトックス効果があります。
青汁になくて、グリーンスムージーにあるものは「糖質」です。
舌がフルーツの甘さに(果糖)により、間食で、お菓子を食べにくくなるので、ダイエットになります。
味の方は、青汁は、緑色の野菜で作るため、独特の味になり、飲みにくいです。
グリーンスムージーは、フルーツが入るので、葉野菜の青臭さが消えて、飲みやすいです。
野菜とフルーツの組み合わせで、自分好みの味を見つけることができます。
まとめると、野菜不足の人には、両方とも優れた栄養食品です。
ダイエットに使いたいならば、グリーンスムージーがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>