コラーゲンの摂取量についての考察

コラーゲンペプチドの分子量サイズにより、毎日の摂取量の目安は異なります。魚と比較してヒドロキシプロリンが2倍もの量を含むのは、豚由来コラーゲンペプチドであり、4gを摂取目安とします。魚由来コラーゲンジペプチドも4gで、魚由来コラーゲンペプチドの場合は8gという数字を目安として摂取するといいです。1回にたくさんの量を摂取するのではなく、毎日のように適量を継続的に摂取するのがコツになります。形状としては、いくつかの種類があります。

スープやコーヒー、ジュースにも溶かして飲むことができるのが、粉末のタイプです。ほのかな風味がつけられていて、味わいがあって飲みやすい商品も登場しています。大容量で販売されている商品は多いですが、使いきりのスティックタイプもあります。粉末の場合は、溶かすというひと手間がかかります。ですが、サッと溶かすことができて、いろいろな食事やドリンクにも加えることができるため、摂取しやすいのも特徴です。粉末の場合の摂取目安は、5000mgくらいです。

ドリンクタイプは、味わいも美味しい種類が登場しています。ドリンクはカロリーが、だいたい7kcakから45kcal程の商品があります。ほかにも美容成分を配合しているタイプが多く、トータル的な美容ドリンクとして販売されている商品がほとんどと言えます。コラーゲン配合料は、1000mgほどからです。

サプリメントは、錠剤の形状になりますから、水分を一緒して溶かすという手間がかかりません。サプリメントなので、水と飲めば良いだけでお手軽です。コラーゲンは900mg程の含有量のモノからがあります。普段からサプリメントに親しみがある人は、錠剤タイプは継続がしやすいでしょう。

ゼリーのタイプは、溶かしたコラーゲンを固めてゼリー状にしている商品です。まるでデザート感覚で摂取しやすいので、継続しやすいタイプです。コラーゲン量は1000mg程を摂取することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>