ロコモ対策に役立つサプリメントは?

hidaita5_s

ロコモシンドロームは、運動器症候群とも呼ばれていて、普段私たちが動かしている、骨や筋肉、腱、関節、関節軟骨、脊髄などの部位が衰えたり、障害を持つことで、歩いたり、しゃがんだり、立ち上がったりという日常の動作が困難になることを言います。ロコモが悪化すると、最後には寝たきりになるため、予防が必要です。40歳以上では骨、筋肉、関節などに違和感を覚える人が増えると言われていて、年齢とともに確実に衰えるために対策が必要です。

対策としては、食事と運動が第一にあげられます。肥満を防ぎ、健康な骨や筋肉を作るバランスのとれた食事をとることと、加齢による筋力低下を抑えるために、ウォーキングや下肢を鍛えるトレーニングが必要です。
食事から補えない成分はサプリメントで補いましょう。関節や軟骨のロコモ対策のためには、コンドロイチンやグルコサミン、プロテオグリカン、Ⅱ型コラーゲンなどを含むサプリメントが効果的です。階段の上り下りなどで関節に違和感を感じたら摂取するとよいでしょう。

また、筋肉をつけることはロコモ対策になります。アミノ酸はたんぱく質の元となる成分で、筋肉はたんぱく質から成っています。ですから、アミノ酸を十分に摂ることは効果的です。
製品によっては、関節成分とアミノ酸の両方が摂取でできるサプリメントもあります。これには、グルコサミン、コンドロイチン、プロテオグリカンといった年骨成分をケアする成分に加え、筋肉成分となるイミダゾールペプチドを含有しています。イミダゾールペプチドは、鳥の胸肉に含まれるペプチドで、渡り鳥が長時間飛んでも疲れない原因として疲労回復物質としても知られています。

また、骨のロコモ対策としては、カルシウムのほかにビタミンDを摂取する必要があります。ビタミンDを摂取して日光に当たることにより骨は作られ、骨粗鬆症予防になります。
食事と足りないものを補う形でサプリメントを摂取し、運動することによってロコモを予防しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>