グリーンスムージーと青汁は何が違う?

クリーンスムージーとは、緑色の野菜とフルーツを混ぜたスムージーのことです。
グリーンスムージーダイエットがあり、ベストな状態の野菜とフルーツを適量で、混ぜ合わせています。
フルーツの甘みがお腹を満足させるので、置き換えダイエットとして、多くの方からとても評判があります。

青汁とは、一般的には「緑黄色野菜をすりつぶしたもの(野菜のしぼり汁)の総称です。
ケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉などいろんな種類があります。
ケールは、アブラナ科の植物で、ビタミンやカロチン、ミネラルを多く含んでいます。

大麦若葉は、大麦の若葉です。
えぐみや苦味も少ないので、飲みやすく、鉄分や食物繊維、酵素を多く含んでいます。
栄養素としては、ビタミンA、ベータカロテン、ビタミンC、葉緑素、カルシウム、食物繊維などが豊富に含まれています。
粉末なので、水に溶かして飲んだり、豆乳に溶かして飲んだりするのがおすすめです。

ヨーグルトにもふりかけても食べてもいいです。
グリーンスムージーと青汁の違いは、グリーンスムージーは、アメリカ発祥で、青汁は、日本発祥です。
歴史は、青汁の方が古いです。
両方とも、体によい健康食品です。

青汁は、緑の葉野菜のみ使っているのに対し、グリースムージーは、フルーツを加えているところが一番大きな違いです。
フルーツは抗酸化作用があり、美容に効果があります。
痩せるだけではなく、お肌にもいいし、体内の汚れや不要物を落とすデトックス効果があります。
青汁になくて、グリーンスムージーにあるものは「糖質」です。
舌がフルーツの甘さに(果糖)により、間食で、お菓子を食べにくくなるので、ダイエットになります。
味の方は、青汁は、緑色の野菜で作るため、独特の味になり、飲みにくいです。
グリーンスムージーは、フルーツが入るので、葉野菜の青臭さが消えて、飲みやすいです。
野菜とフルーツの組み合わせで、自分好みの味を見つけることができます。
まとめると、野菜不足の人には、両方とも優れた栄養食品です。
ダイエットに使いたいならば、グリーンスムージーがおすすめです。

ケールの青汁の特徴

aosiru2_s

数十年前、青汁と言えばテレビCMで話題になりました。年配の男性が青汁をぐびっと飲み干し、おかわりを要求するCMを覚えている人も多いのではないでしょうか。当時の青汁は現在のような粉末タイプは少なく、冷凍タイプなどが主流でしたが、今では青汁人気にともなって、粉末やカプセル状など様々なかたちで販売されています。

現在では、青汁の成分が美肌や健康に良いことが知られ、スムージーなどに入れ“おしゃれな飲み物”としても飲まれるようになりました。周りを見渡しても、朝食や家庭で体の弱い人のための常備品、として家庭に置いてあったり、または「旅行に持っていく」「便秘の時にぐいっと飲む」など“何かの時のために”と一箱持っている…というような人も見かけます。

青汁の材料の一つであるケールは主にヨーロッパで常食されてきましたが、栄養が非常に高く「スーパー野菜」とうたわれるほどで、日本でもたくさん栽培・生産されています。ケールはアブラナ科の葉野菜で、見た目はがっしりしたホウレンソウのようです。ビタミンA・C、カルシウムや鉄分などが豊富なことで有名で、同じグラム数で、カルシウムは牛乳よりも多く、ビタミンCはあのすっぱいイチゴやグレープフルーツよりも多く含まれているのです。また、ケールにはルテイン(カロテンの一種)もたくさん含まれていますが、このルテインはほぼ眼球内でのみ働く成分で、水晶体や網膜の酸化を抑え、目の病気や眼精疲労を予防してくれるので、近年注目されている成分です。

ケールには独特の苦みがありますが、商品によってはレモンや抹茶などの風味を入れて飲みやすくしてあったり、また独自で黄な粉やすりごまなどを入れ、香ばしさを足して飲む人もいます。豆乳や牛乳で割るのも栄養分もはるかに増えていいかもしれません。就職して初めての一人暮らしで、「休みの日にスーパーに行く気力もない」と言う人でも、気軽に野菜を取り入れられますね。

乳酸菌サプリメントはどう選べばいい?

sawayakagirl

乳酸菌はヨーグルトや乳酸菌飲料などに多く含まれている成分で整腸作用などがあることはよく知られています。私たちの体内に常在している乳酸菌は善玉菌とも呼ばれていて代表的なものにはビフィズス菌などがあります。乳酸菌の働きとしては整腸作用が有名なので、乳酸菌を摂取すると便秘に改善ができると言うイメージが強いですが、乳酸菌は腸を刺激して庁の動きを活発にして腸内環境を整えてくれる働きがあるので便秘だけではなく下痢にも効果があるのです。

また免疫細胞のバランスを整えてくれる働きがあるため、免疫力の向上にも効果があり生活習慣病などの改善にも取り入れられています。乳酸菌はヨーグルトや乳製品などに含まれていますが、効果的に摂るには乳酸菌サプリを利用するのが良い方法です。

乳酸菌サプリにも様々な種類があるので、どれを選んでよいか迷ってしまうことがありますが選び方としては乳酸菌を摂取する目的によって選ぶようにするのが良いです。便秘や下痢などの改善のための腸内環境を整えるのが目的なのか、アレルギーや細菌感染を防ぐための免疫力向上が目的、健康維持、ダイエットなどその目的によって乳酸菌サプリの種類が違ってきます。

腸内環境を整えたいと言う場合にはほとんどの種類でも効果が期待できることが多いですし、免疫力向上や健康維持の場合には乳酸菌、クトバチルス、ガセイ、シロタ株などの種類が効果的です。またLG21乳酸菌やLC1乳酸菌などはピロリ菌の除去に効果的とされています。まずは自分の目的に沿っていくつかの乳酸菌サプリをピックアップしてみましょう。次に選ぶポイントとしては乳酸菌サプリメントの形状です。ドリンク、カプセル、錠剤、顆粒など様々な形状がありますが乳酸菌が生きたまま腸まで届くのはカプセルですし、体内に吸収されやすいのはドリンクです。

苦手な形状がない場合には吸収の良さで選ぶのも良いですし、苦手な形状がある場合には飲みやすさ、継続しやすさで選ぶようにするのが良いです。また価格帯も様々ですので自分が長く続けやすい価格帯のものを選ぶのも大切です。