ロコモ対策に役立つサプリメントは?

hidaita5_s

ロコモシンドロームは、運動器症候群とも呼ばれていて、普段私たちが動かしている、骨や筋肉、腱、関節、関節軟骨、脊髄などの部位が衰えたり、障害を持つことで、歩いたり、しゃがんだり、立ち上がったりという日常の動作が困難になることを言います。ロコモが悪化すると、最後には寝たきりになるため、予防が必要です。40歳以上では骨、筋肉、関節などに違和感を覚える人が増えると言われていて、年齢とともに確実に衰えるために対策が必要です。

対策としては、食事と運動が第一にあげられます。肥満を防ぎ、健康な骨や筋肉を作るバランスのとれた食事をとることと、加齢による筋力低下を抑えるために、ウォーキングや下肢を鍛えるトレーニングが必要です。
食事から補えない成分はサプリメントで補いましょう。関節や軟骨のロコモ対策のためには、コンドロイチンやグルコサミン、プロテオグリカン、Ⅱ型コラーゲンなどを含むサプリメントが効果的です。階段の上り下りなどで関節に違和感を感じたら摂取するとよいでしょう。

また、筋肉をつけることはロコモ対策になります。アミノ酸はたんぱく質の元となる成分で、筋肉はたんぱく質から成っています。ですから、アミノ酸を十分に摂ることは効果的です。
製品によっては、関節成分とアミノ酸の両方が摂取でできるサプリメントもあります。これには、グルコサミン、コンドロイチン、プロテオグリカンといった年骨成分をケアする成分に加え、筋肉成分となるイミダゾールペプチドを含有しています。イミダゾールペプチドは、鳥の胸肉に含まれるペプチドで、渡り鳥が長時間飛んでも疲れない原因として疲労回復物質としても知られています。

また、骨のロコモ対策としては、カルシウムのほかにビタミンDを摂取する必要があります。ビタミンDを摂取して日光に当たることにより骨は作られ、骨粗鬆症予防になります。
食事と足りないものを補う形でサプリメントを摂取し、運動することによってロコモを予防しましょう。

多くの男性に選ばれている精力剤を調査

最近ちょっと元気がない時はどうしても、目が行くのが精力剤。
今では、病院に行けば簡単にED薬を処方してもらえます。
しかし性欲がなければ、せっかくのED薬も宝の持ち腐れです。

もともとED薬は、精力剤としての働きはありません。
ED薬は、精力満点の男性がその気になっても、ストレスや身体的な不調で上手く勃起しない時に使う薬です。
ですから、ED薬があってもその気になるための精力がどうしても不可欠です。
このように、男性自身がその気になるためには、ED薬以前に精力を高める精力剤が必要です。

だた、精力剤で元気になりますと本来のパワーを発揮するために、ED薬がなくても良くなったといわる男性も多いようです。
ここで、精力剤といいますと、よく耳にするのはマカでしょうか。
なんといっても、長い歴史と実績があります。
多くの男性が効果「有り」と評価しています。

しかも、今ではマカも一般的になりドラッグストアなどでも手軽に入ります。
お値段的にもそれほど高額ではないということも、人気の一つです。
このマカですが、マカ単品ではなく複数の成分が調合されたものが多く出回っております。

なかでも効果の高いのが、マカ+亜鉛でしょうか。
マカの精力アップの力と、亜鉛の精力アップの力で、相乗効果を狙ったものです。
亜鉛だけでも、かなりの精力をアップします。

牡蠣を食べたあと、翌日になって異常に精力がアップしたことに気付くことも多いかと思います。
この亜鉛とマカを組み合わせるわけですから、その効果は相当なものです。
また、最近人気なのがシトルリンです。

これは、キュウリやスイカなどに含まれており、一酸化窒素の効果で血管を拡げる作用があります。
血流を良くすることで、勃起をスムーズにしたり全身を健康的に保つ働きがあります。
その点では、ED薬と若干似たような性質があります。

また、最近聞きますのが、黒生姜です。
これも、昔から滋養強壮として有名です。
やはり、このように昔からあり、歴史のある成分のものが人気があります。

PMSの代表的な症状をまとめてみた

makuranene

PMSとは、月経の3日から10日くらい前から起こる心身の不調です。月経が来ると次第に症状が弱まり、やがて消えていきます。PMSの症状は人によって様々です。同じ人でも月によって症状が違うこともあります。症状には、精神的な症状と身体的な症状に別れます。精神的な症状の代表的なものとして、イライラするや泣きたくなる、情緒不安定になる、憂鬱になる、集中できないなどがあります。身体的な症状の代表的なものとして、乳房のハリや痛み、下腹部のハリ、眠気もしくは不眠、腰痛、頭痛などがあります。

同じように月経周期に伴い症状がでる疾患として、月経中に腹痛や下痢、吐き気などにより日常生活が送れないこともある月経困難症や更年期障害は症状は似ていても異なる疾患とされています。また、PMSの症状の中でも精神的な症状が重く自制が困難となり日常生活が全く送れなくなるほど深刻な場合にはPMDDと呼び区別されています。

PMSの症状は、病院で低用量ピルを処方してもらうことで軽減させることが可能です。しかし、低用量ピルが使えない場合や使用を避けたい場合には、PMSサプリを活用することも選択肢の一つになります。

PMSサプリには、プラセンタやチェストベリー、月見草オイル、γ-リノレン酸などのPMSに有効とされる成分が含まれています。PMSは、排卵後に訪れる黄体期に分泌されるエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの急激な変動が関係しているとされています。これらの有効とされている成分が含まれるPMSサプリを飲むことで、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。

PMSサプリを選ぶ際には、商品の品質や安全性に問題がないかも商品を選ぶ際の基準になります。また、有効とされる成分には、精神的な症状に効果が期待できるタイプと身体的な症状に効果が期待できるタイプがあるため、悩んでいる症状に合わせて選ぶこともポイントの一つです。

水素水サーバーを導入する家庭は増えてる?

1kutimizu

水素水を使って活性酸素対策をし、美容やアンチエイジングに役立てる健康法が注目されています。この健康法は、酸素の酸化力と水素の還元力を応用したものです。

活性酸素は、日々の呼吸で取り込んだ酸素が少しずつ体内に残ったものからできています。酸素には金属に取り付いてこれをさびさせるような酸化力があり、毎日の呼吸で体内に残った残留酸素も酸化力を備えていますから細胞にくっついて新陳代謝機能を低下させてしまいます。これが活性酸素です。

一方水素は還元力が強い元素として知られています。還元というのは酸化の反対の化学的な反応で、簡単に言うと酸化したものを元に戻すのが還元作用です。
水素水健康法では、水に水素をたくさん溶かしたものを常用します。すると体内に入ったたくさんの水素がその還元力で酸化した細胞から活性酸素を除去し、後には体にとって全く害がない水が残ります。

水素水は、水素の持つ還元力を利用した安全な健康法です。
しかし、ひとつ気をつけなければならないことがあります。それは、水素は分子がとても小さく、また非常に軽い元素であるためにせっかく水に溶かしこんでも空気に触れた面からどんどん空気中に出ていってしまい、容器の種類によっては開封前にすでに空気中に透過してしまうこともあるということです。そのため、水素水健康法を行うのであれば、水素が逃げにくい構造や材質のボトルに入ったものを選ぶ必要があります。

また、水素水サーバーを活用するのもひとつの方法です。水素水サーバーというのは、普通の水に水素を高濃度に溶け込ませることができるサーバーです。このサーバーがあれば、いつでもできたての水素がたくさんとけこんだままの水素水を飲むことができます。健康やアンチエイジングのために水素水健康法を取り入れるにあたり、水素の還元パワーと酸素の酸化パワーそれに水素の性質についてよく調べた方では、効率よく水素の力を借りることができるように家庭に水素のサーバーを導入される方が多くなってきています。

水素風呂が支持されている秘訣

bidha2_s

活性酸素はさまざまな病気や老化、肌トラブルの原因になってしまいます。その活性酸素を除去するものとして注目されているのが水素です。水素が多く含まれている水である水素水は飲料用として販売されており、口から体内に取り入れることによって水素を摂取することができます。

水素水は効率的に摂取することができますが、水素を入れた風呂も効果的だとされています。

水素の分子は非常に小さいため、ほかの物質では入ることのできない細胞の隙間まで入っていくことができます。そのため、水素の入ったお風呂に入浴することによって、水素が皮膚から吸収されて肌の奥にまで浸透させることを期待することができるのです。また、水素は空気中に逃げやすい性質を持っているので水素水で飲む場合は早めに飲む必要がありますが、水素風呂の場合には逃げる水素を口からの呼吸によって取り込むことができます。

このように肌の内部の細胞まで浸透させることのできた水素は、肌の奥から活性酸素に働きかけることができるため活性酸素が原因となっているシミやシワ、くすみなどを改善していくことができるといわれています。ほかにも、乳酸を抑制して代謝を促す作用もあるため疲労回復にも繋がり、血管を拡張する作用もあるため冷え性や体温を上げたいとき、動脈硬化や脳梗塞を治療、予防したいときになどにも効果的です。

水素風呂を作るためには機械で水素を発生させて水素風呂を作る、炭酸カルシウムを原料にした入浴剤で作るなどの方法があります。また、水素が含まれている温泉もあるため湯治にはおすすめです。
通常の入浴でもリラックス効果や温熱効果などを期待することができますが、水素の力によって通常の入浴よりも高い効果を期待できるのが水素風呂です。がんの温熱療法や皮膚病の治療方法に推進している病院もあるほどで、飲むだけではなく効率的に水素を取り入れたいという場合には、手軽な方法としてお風呂に水素を入れることをおすすめします。

中性脂肪が高い人はコレステロールも高い?

中性脂肪もコレステロールの一つです。
ですから、中性脂肪が低いからといって油断は禁物です。
コレステロールが高い場合、高LDLコレステロール血症や高中性脂肪血症、低HDLコレステロール血症などがあります。
これらはいずれも、高脂血症になります。
つまり脂質異常です。
ですから、中性脂肪が高く、他が低いからといって安心はできません。
病院などで、検査結果を受け適切な指導を受ける必要があります。
場合によっては、薬の服用も想定されます。
このような状態になる前に、自分自身で対策することは可能です。
習慣的な運動などがあります。
習慣的に運動をする人は、宗でない人と比較して、肥満度や血中の脂質ははるかに良いからです。
また、タバコやアルコールを摂取する人も注意が必要です。
可能ならば、禁煙することが必要です。
また、適度なアルコールは健康を増進すといった研究報告もありますが、量が多い場合非常に不健康です。
特に大量のアルコールは脂質異常以外に、痛風の原因となる尿酸値が上昇します。
また、日常の食生活も重要になってきます。
肉ばかりの生活ですと、どうしても脂質異常がおきやすくなります。
肉以外にも魚を食べるようにすると、HDLの値を引き上げ健康的になってきます。
また、健康的な食事の代表である野菜も重要です。
毎日の食事で適切な野菜をとることは非常に重要で、健康になる第一歩でもあります。
定期的な運動+適切な野菜の摂取だけでも、血中の脂質はかなり改善されてきます。
このような生活を毎日続けるのは、かなりハードルが高くなりますが、一週間に2日でも3日でも行うことで随分と改善されてきます。
薬のお世話になる前に、自分である程度の努力をする価値はあります。
薬のお世話になると、どおしても甘えがおきるからです。
薬を飲んでいるから、これくらいの肉は大丈夫だろう。
薬を飲んでいるから、これくらいのお酒は大丈夫だろう。
薬を飲んでいるから、これくらいの運動不足は大丈夫だろう。
ということになり、結局は自分で努力しなくなることが多いからです。
できることから、始めるのが大切です。

LDLコレステロールを下げるには???

コラーゲンの摂取量についての考察

コラーゲンペプチドの分子量サイズにより、毎日の摂取量の目安は異なります。魚と比較してヒドロキシプロリンが2倍もの量を含むのは、豚由来コラーゲンペプチドであり、4gを摂取目安とします。魚由来コラーゲンジペプチドも4gで、魚由来コラーゲンペプチドの場合は8gという数字を目安として摂取するといいです。1回にたくさんの量を摂取するのではなく、毎日のように適量を継続的に摂取するのがコツになります。形状としては、いくつかの種類があります。

スープやコーヒー、ジュースにも溶かして飲むことができるのが、粉末のタイプです。ほのかな風味がつけられていて、味わいがあって飲みやすい商品も登場しています。大容量で販売されている商品は多いですが、使いきりのスティックタイプもあります。粉末の場合は、溶かすというひと手間がかかります。ですが、サッと溶かすことができて、いろいろな食事やドリンクにも加えることができるため、摂取しやすいのも特徴です。粉末の場合の摂取目安は、5000mgくらいです。

ドリンクタイプは、味わいも美味しい種類が登場しています。ドリンクはカロリーが、だいたい7kcakから45kcal程の商品があります。ほかにも美容成分を配合しているタイプが多く、トータル的な美容ドリンクとして販売されている商品がほとんどと言えます。コラーゲン配合料は、1000mgほどからです。

サプリメントは、錠剤の形状になりますから、水分を一緒して溶かすという手間がかかりません。サプリメントなので、水と飲めば良いだけでお手軽です。コラーゲンは900mg程の含有量のモノからがあります。普段からサプリメントに親しみがある人は、錠剤タイプは継続がしやすいでしょう。

ゼリーのタイプは、溶かしたコラーゲンを固めてゼリー状にしている商品です。まるでデザート感覚で摂取しやすいので、継続しやすいタイプです。コラーゲン量は1000mg程を摂取することができます。

コラーゲンサプリはどんな女性に人気?

sapuriup

コラーゲンサプリは、美肌効果や関節を柔らかくする効果、骨を強くする効果を期待する女性に人気です。

何種類ものアミノ酸で合成されるコラーゲンは、摂取すると体内でアミノ酸に分解され、アミノ酸に分解されて体のあらゆる箇所に運ばれます。

皮膚のコラーゲンを合成するためのアミノ酸が十分に摂取されていないと肌や体全体のコラーゲンは減少するため、必要なアミノ酸を摂取することは必要なことなのです。実はコラーゲンを摂取することで肌のシワやたるみが解消されるということは科学的な数値では検証されていないのですが、すっぽん鍋や鶏の手羽先などを食べた翌日は肌が潤っている印象があります。このように実際に摂取して実感したものが効果と言え、これらの関連食品が美肌や関節を柔らかくすることを望む女性に人気があるのは、食べた人や使用した人が効果を実感しているためです。

1日の必要摂取量は1000mgから5000mgと言われ、アミノ酸から構成されるため、たんぱく質やゼラチン質を含む食品から摂取することが可能です。髪の毛や関節、肌への効果を実感するには、これだけの良質なアミノ酸を毎日摂取することが必要で、忙しい毎日を送っていると外食も多くなり、良質なアミノ酸を食事から摂取することは難しいのです。そんな場合にはコラーゲンサプリメントを効果的に利用して摂取することも必要なことです。

体のたんぱく質のひとつであるコラーゲンは、もともと体内に存在している成分で、人の体には必要不可欠なものであります。肌だけではなく、靭帯や骨、軟骨、腱などの弾力性や強度が必要な部分にも存在しています。肌の弾力を保つのは真皮層という肌の内部の深い部分にあります。肌の真皮層にあるものは肌の新陳代謝によって作られます。年齢と共に肌の新陳代謝が衰えると、コラーゲンを作り出す機能も低下するため、大切なたんぱく質を体内で合成させるためにはアミノ酸を摂取する必要があります。コラーゲンを作るために必要なアミノ酸を確実に摂取するには食事からの摂取とサプリメントを効果的に利用することです。

グリーンスムージーと青汁は何が違う?

クリーンスムージーとは、緑色の野菜とフルーツを混ぜたスムージーのことです。
グリーンスムージーダイエットがあり、ベストな状態の野菜とフルーツを適量で、混ぜ合わせています。
フルーツの甘みがお腹を満足させるので、置き換えダイエットとして、多くの方からとても評判があります。

青汁とは、一般的には「緑黄色野菜をすりつぶしたもの(野菜のしぼり汁)の総称です。
ケールや大麦若葉、明日葉、桑の葉などいろんな種類があります。
ケールは、アブラナ科の植物で、ビタミンやカロチン、ミネラルを多く含んでいます。

大麦若葉は、大麦の若葉です。
えぐみや苦味も少ないので、飲みやすく、鉄分や食物繊維、酵素を多く含んでいます。
栄養素としては、ビタミンA、ベータカロテン、ビタミンC、葉緑素、カルシウム、食物繊維などが豊富に含まれています。
粉末なので、水に溶かして飲んだり、豆乳に溶かして飲んだりするのがおすすめです。

ヨーグルトにもふりかけても食べてもいいです。
グリーンスムージーと青汁の違いは、グリーンスムージーは、アメリカ発祥で、青汁は、日本発祥です。
歴史は、青汁の方が古いです。
両方とも、体によい健康食品です。

青汁は、緑の葉野菜のみ使っているのに対し、グリースムージーは、フルーツを加えているところが一番大きな違いです。
フルーツは抗酸化作用があり、美容に効果があります。
痩せるだけではなく、お肌にもいいし、体内の汚れや不要物を落とすデトックス効果があります。
青汁になくて、グリーンスムージーにあるものは「糖質」です。
舌がフルーツの甘さに(果糖)により、間食で、お菓子を食べにくくなるので、ダイエットになります。
味の方は、青汁は、緑色の野菜で作るため、独特の味になり、飲みにくいです。
グリーンスムージーは、フルーツが入るので、葉野菜の青臭さが消えて、飲みやすいです。
野菜とフルーツの組み合わせで、自分好みの味を見つけることができます。
まとめると、野菜不足の人には、両方とも優れた栄養食品です。
ダイエットに使いたいならば、グリーンスムージーがおすすめです。

ケールの青汁の特徴

aosiru2_s

数十年前、青汁と言えばテレビCMで話題になりました。年配の男性が青汁をぐびっと飲み干し、おかわりを要求するCMを覚えている人も多いのではないでしょうか。当時の青汁は現在のような粉末タイプは少なく、冷凍タイプなどが主流でしたが、今では青汁人気にともなって、粉末やカプセル状など様々なかたちで販売されています。

現在では、青汁の成分が美肌や健康に良いことが知られ、スムージーなどに入れ“おしゃれな飲み物”としても飲まれるようになりました。周りを見渡しても、朝食や家庭で体の弱い人のための常備品、として家庭に置いてあったり、または「旅行に持っていく」「便秘の時にぐいっと飲む」など“何かの時のために”と一箱持っている…というような人も見かけます。

青汁の材料の一つであるケールは主にヨーロッパで常食されてきましたが、栄養が非常に高く「スーパー野菜」とうたわれるほどで、日本でもたくさん栽培・生産されています。ケールはアブラナ科の葉野菜で、見た目はがっしりしたホウレンソウのようです。ビタミンA・C、カルシウムや鉄分などが豊富なことで有名で、同じグラム数で、カルシウムは牛乳よりも多く、ビタミンCはあのすっぱいイチゴやグレープフルーツよりも多く含まれているのです。また、ケールにはルテイン(カロテンの一種)もたくさん含まれていますが、このルテインはほぼ眼球内でのみ働く成分で、水晶体や網膜の酸化を抑え、目の病気や眼精疲労を予防してくれるので、近年注目されている成分です。

ケールには独特の苦みがありますが、商品によってはレモンや抹茶などの風味を入れて飲みやすくしてあったり、また独自で黄な粉やすりごまなどを入れ、香ばしさを足して飲む人もいます。豆乳や牛乳で割るのも栄養分もはるかに増えていいかもしれません。就職して初めての一人暮らしで、「休みの日にスーパーに行く気力もない」と言う人でも、気軽に野菜を取り入れられますね。