PMSの代表的な症状をまとめてみた

makuranene

PMSとは、月経の3日から10日くらい前から起こる心身の不調です。月経が来ると次第に症状が弱まり、やがて消えていきます。PMSの症状は人によって様々です。同じ人でも月によって症状が違うこともあります。症状には、精神的な症状と身体的な症状に別れます。精神的な症状の代表的なものとして、イライラするや泣きたくなる、情緒不安定になる、憂鬱になる、集中できないなどがあります。身体的な症状の代表的なものとして、乳房のハリや痛み、下腹部のハリ、眠気もしくは不眠、腰痛、頭痛などがあります。

同じように月経周期に伴い症状がでる疾患として、月経中に腹痛や下痢、吐き気などにより日常生活が送れないこともある月経困難症や更年期障害は症状は似ていても異なる疾患とされています。また、PMSの症状の中でも精神的な症状が重く自制が困難となり日常生活が全く送れなくなるほど深刻な場合にはPMDDと呼び区別されています。

PMSの症状は、病院で低用量ピルを処方してもらうことで軽減させることが可能です。しかし、低用量ピルが使えない場合や使用を避けたい場合には、PMSサプリを活用することも選択肢の一つになります。

PMSサプリには、プラセンタやチェストベリー、月見草オイル、γ-リノレン酸などのPMSに有効とされる成分が含まれています。PMSは、排卵後に訪れる黄体期に分泌されるエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる女性ホルモンの急激な変動が関係しているとされています。これらの有効とされている成分が含まれるPMSサプリを飲むことで、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。

PMSサプリを選ぶ際には、商品の品質や安全性に問題がないかも商品を選ぶ際の基準になります。また、有効とされる成分には、精神的な症状に効果が期待できるタイプと身体的な症状に効果が期待できるタイプがあるため、悩んでいる症状に合わせて選ぶこともポイントの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>